LIVRE

「HIP HOP definitive 1974 – 2017」ヒップホップ全時代の主要アルバムが1冊でわかる唯一の本!

          1979年のシュガーヒル・ギャング「Rapper’s Delight」、あるいはアフリカ・バンバーターの『Death Mix』から──
 ヒップホップの誕生、ブロンクス、クイーンズ、ブルックリン、ロングアイランドから絶えまなく生まれるストリートの音楽、そしてトミー・ボーイ、デフ・ジャム、コールド・チリンの隆盛からヒップホップ・ネイションの出現へ。コンシャスからギャングスタへと。ハードコアからGファンクへと。サウス/ミッドウェストが台頭するいっぽうで、ニューヨークのサグ・ラップも燃え上がる。また、ポップスとしての地位を確立する他方ではインディ・シーンが立ち上がり、ウェッサイのファンクが脚光を浴びたかと思えばネオ・スクールが台頭する。 
つねに変化しつづけ、拡大し続けるUSヒップホップのすべての時代にわたっての主要作品が、この1冊でわかる!すべての音楽ファン待望の『ヒップホップ・ディフィニティヴ』がele-king booksよりついに刊行!
   こちらの商品をお取り扱いいただける一部レコード店に初回特典として、
【「HIP HOP definitive 1974 – 2017」 番外編 ~Greatest Misses: More 10 Albums】(小冊子)をお付けします。
★対象店舗★
タワーレコード各店、HMV各店、ディスクユニオン各店、JET SET KYOTO、WE NOD
※一部対象外店舗もございますので詳細は店舗にお問い合わせください。
※特典は無くなり次第終了です。
 
 
【書名】HIP HOP definitive 1974 – 2017
【ISBN】978-4-907276-80-5
【価格】本体2,600円+税
【発売日】5月31日
【判型】A5判
【ページ数】272頁
【著者】小渕晃(元『bmr』編集長)
 
ele-king booksサイト
http://www.ele-king.net/books/

関連記事

  1. “作家”尾崎世界観の文才が溢れだす最新作2作が注目!
  2. スチャダラパー『余談セブンティーン』発売決定!

Twitter でフォロー

MUSIC

PAGE TOP