LIVE REPORT

ストレイテナー ホリエアツシ トリビュート参加アーティストの楽曲をカバー!

10月にメジャーデビュー15周年、2018年からはバンド結成20周年のアニバーサリーイヤーに突入したストレイテナー。

今週リリースとなったアニバーサリーイヤー第1弾のトリビュートアルバム『PAUSE〜STRAIGHTENER Tribute Album〜』はiTunes総合アルバムチャート で1位を獲得し、配信チャートをも賑わせている。

このトリビュートアルバムの発売記念イベントが10月21日(土)にタワーレコード新宿店7Fイベントスペースにて行われた。同イベントは“逆トリビュート”と題し、フロントマンであるホリエアツシがトリビュートに参加したアーティストの楽曲のカバーを披露するプレミアイベントに会場溢れんばかりに450名のファンがかけつけた。

演奏する前にホリエは「元々、今日のイベントは僕の我が儘でなんかやりたい!ということを伝え、渋谷がトークイベントだったため、新宿はライブを、ただそれだけでは面白くないと思い、逆トリビュートを自ら提案したのですが、それが完全に自分の首を絞めることになりました(笑)今朝、一生懸命練習してきました!愛情を込めて、カバーして弾き語りをしたいと思います!」と会場は温かい拍手に包まれた。

「肩ならしとして、1曲だけストレイテナーの曲をやらせて下さい」と言い、自身の曲「彩雲」でミニライブがスタート。

肩ならしを終え、ホリエは「トリビュートのトリビュートをやりたいと思います!まずはMOEYESから!」とトリビュート盤の1曲目を担うMONOEYESの「My Instant Song」から逆トリビュートがスタートした。「MONOEYESは“ROCKSTEADY”のトリビュートをしてくれて、細美くんがストレイテナーのこの曲を特に愛してくれて、絶対に原曲を変えたくない!とほぼ原曲のままトリビュートしてくれました。細美くんが歌ってくれる“ROCKSTEADY”の音源化が何より嬉しかったです」と、細美武士とホリエアツシの絆を感じるカバーであった。

「この曲はみんなの力を貸して下さい!」とシンガロングを煽り、盟友ASIAN KUNG-FU GENERATIONの「Re:Re」を披露ホリエ自身も少し照れながらシンガロングをし、オーディエンスとの一体感が生まれた。

「go!go!vanillasは“おはようカルチャー”のプロデューサーを僕が務め、同じミュージシャンとして同じ目線で制作に携わることができました。」とコメントし、自身のプロデュース楽曲“おはようカルチャー”のカバーを披露。同じ九州出身という共通点もあり、ストレイテナーへのリスペクトをあえて、原曲とがらっと変える形でトリビュートしてくれた「KILLER TUNE」も是非聴いて欲しい。

イベントも後半戦に突入し、ここでホリエは「後輩なんですけど、態度のデカさといい、back numberの曲をやりたいと思います。

渋谷の試聴会イベントの時も、テナーの初めてトリビュート音源を聴く顔が見てみたい!というだけで、わざわざ会場まで見にきてくれました。どれだけストレイテナーのことを好きなんだ!と。“シーグラス”を見事にback numberの曲にしてくれちゃってますね。それがまた悔しいけど、好き!って思いました(笑)」と、相思相愛ぶりが伝わるMCから、back numberの冬の名曲「ヒロイン」を披露。

「スペースに入りきらないで、外にまでたくさんの人がいて、たまたま来られた人もいると思うのですが、

僕はただのカバーおじさんではないよ、今週トリビュートアルバムをリリースしたストレイテナーというバンドのホリエアツシです!」と、店内のお客さんにも訴えかけ、駆けつけたお客さんはもちろん、たまたま店内に居合わせた人たちをも巻き込んでいった。

「このまま語りながら、ギターを弾き始めたらMy Hair is Badみたいですが、そんな技術はないですよ(笑)」と笑いを誘い、「次はACIDMAN。ACIDMANの全てを詰め込んだのが“SIXDAY WONDER”、大木くんがストレイテナーに入って、“SIXDAY WONDER”をやったこともあるけども、逆にACIDMANに僕が入って、“リピート”という曲を一緒に演ったこともあり、その“リピート”を今日は

鍵盤ではなく、ギターで披露したいと思います。」と2年前にリリースされたACIDMANの『Second line & Acoustic collectionⅡ』に収録される「リピート(Second line)feat.ホリエアツシ」を弾き語りver.として披露してくれた。

そして、最後の曲になりました!というホリエのMCに「えー」と残念がるオーディエンスに対し、「頑張ってる方だと思いますよ(笑)」と最後まで気さくに微笑みながらのMC。「最後はトリビュートのきっかけにもなった、大先輩 the pillows。13年前に声をかけてもらい、the pillowsのトリビュートに参加させてもらいました。数々のレジェンドアーティストたちと肩を並べ参加させていただき、ストレイテナーの未来にきっかけを、与えてくれました。その時にカバーした曲ではない曲を!恩をあだに返す感じになりますが、せっかくなので泣ける曲を、ハイブリッド レインボウ」と大先輩の名曲「ハイブリッド レインボウ」をしっかり歌い上げた。

最後の挨拶として、ホリエから秋から始まるBROKEN SCENE TOUR 2017 AWでトリビュートアルバムからの懐かしい楽曲をも披露する可能性を残し、イベントは幕を閉じた。

たくさんの愛が詰まっている正真正銘のトリビュートアルバムはストレイテナーのアニバーサリーイヤー第1弾として、実に相応しい作品であると、今日のライブからも改めて伝わってくる名盤に仕上がった。明日は大阪・タワーレコードNU茶屋町店にて、盟友ASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文、喜多建介氏と盟友対談が行れるのでこちらもチェックして欲しい。

■逆トリビュート セットリスト

  1. 彩雲 / ストレイテナー
  2. My Instant Song / MONOEYES
  3. Re:Re: / ASIAN KUNG-FU GENERATION
  4. おはようカルチャー / go!go!vanillas

5.ヒロイン/back number

  1. リピート / ACIDMAN
  2. ハイブリッド レインボウ / the pillows

 

<Release Info>

★2017.11.15 Release

ストレイテナー×秦 基博「灯り」

品番:TYCT-30069 価格:\1,080(税込み)

 

1.灯り / ストレイテナー×秦 基博

2.鱗(うろこ)/ ストレイテナー ※秦 基博カバー

3.灯り instrumental / ストレイテナー×秦 基博

4.鱗(うろこ)instrumental / ストレイテナー ※秦 基博カバー

 

 

〈Release〉

★2017年10月18日(水)発売

ストレイテナー トリビュートアルバム『PAUSE ~STRAIGHTENER Tribute Album~』

【初回限定盤デジパック仕様】TYCT-69121 3,000円(税抜)+税

【通常盤】TYCT-60109  3,000円(税抜)+税 ※通常盤は初回限定盤が終了し次第の出荷になります。

 

[CD] 全12曲収録

  1. ROCKSTEADY / MONOEYES
  2. KILLER TUNE / go!go!vanillas
  3. シーグラス / back number
  4. SIX DAY WONDER / ACIDMAN
  5. 冬の太陽 / majiko
  6. Melodic Storm / 9mm Parabellum Bullet
  7. TRAVELING GARGOYLE / SPECIAL OTHERS
  8. シンクロ / THE BACK HORN
  9. REMINDER / My Hair is Bad

10.SENSELESS STORY TELLER SONY / ASIAN KUNG-FU GENERATION

11.Farewell Dear Deadman / the pillows

12.SAD AND BEAUTIFUL WORLD / STRAIGHTENER

〈Live Info〉

■BROKEN SCENE TOUR 2017 AW

★スタートから3公演の内容が公開!!!

・日程によりワンマン公演、2マン公演と内容が異なります。

・ゲストバンドは後日発表します。

 

11月4日(土)宮城 仙台 Rensa

  • ​ONE MAN LIVE

[開場] 17:00 [開演] 18:00

[一般発売日] 9月30日(土) [お問合せ] GIP TEL 022-222-9999(24時間自動音声案内)

 

11月14日(火)東京 赤坂 BLITZ

  • ​ONE MAN LIVE

[開場] 18:00 [開演] 19:00

[一般発売日] 10月14日(土) [お問合せ] HOT STUFF PROMOTION TEL 03-5720-9999(平日12:00~18:00)

 

11月18日(土)新潟 LOTS

​●with ねごと(http://www.negoto.com/)

[開場] 17:30 [開演] 18:00

[一般発売日] 10月21日(土) [お問合せ] FOB新潟 TEL 025-229-5000

 

■11月25日(土)福岡 DRUM LOGOS

[開場] 17:15 [開演] 18:00

[一般発売日] 10月14日(土)

[お問合せ] キョードー西日本 TEL 092-714-0159

 

■11月26日(日)広島 CLUB QUATTRO

[開場] 17:00 [開演] 18:00

[一般発売日] 10月14日(土)

[お問合せ] 夢番地広島 TEL 082-249-3571(平日11:00~19:00)

 

■12月2日(土)大阪 Zepp Osaka Bayside

[開場] 17:00 [開演] 18:00

[一般発売日] 10月21日(土)

[お問合せ] GREENS TEL 06-6882-1224

 

■12月3日(土)香川 高松 festhalle

[開場] 17:15 [開演] 18:00

[一般発売日] 10月28日(土)

[お問合せ] DUKE高松 TEL 087-822-2520

 

■12月12日(火)東京 新木場 STUDIO COAST

  • ONE MAN LIVE

[開場] 18:00 [開演] 19:00

[一般発売日] 11月4日(土)

[お問合せ] HOT STUFF PROMOTION TEL 03-5720-9999(平日12:00~18:00)

 

■12月17日(日)北海道 札幌 ファクトリーホール

[開場] 17:00 [開演] 18:00

[一般発売日] 10月28日(土)

[お問合せ] WESS TEL 011-614-9999(平日11:00~18:00)

 

■12月23日(土)名古屋 Zepp Nagoya

[開場] 17:00 [開演] 18:00

[一般発売日] 10月21日(土)

[お問合せ] JAILHOUSE TEL 052-936-6041(平日11:00~19:00)

[価格] 4,500円(税込・D代別)※18歳以下、当日、身分証提示で¥500キャッシュバック。

[プレイガイド] チケットぴあ / ローソンチケット / イープラス 他

 

【ストレイテナー プロフィール】

1998年ホリエアツシ(Gtr.、Key&Vo.)とナカヤマシンペイ(Dr.)の2人で始動。

2003年メジャーデビューとともに日向秀和(Ba.)加入、2008年には大山純(Gtr.)が加わり、鉄壁の4人編成に。

過去2度の日本武道館公演や47都道府県ツアー敢行、

さらに数々のビッグフェスでトリを務める等、日本屈指のライブバンドとして活躍。

2017年10月より、メジャーデビュー15周年、バンド結成20周年というアニバーサリーイヤーに突入。(アニバーサリーリリース第一弾として、10月18日にバンド初のトリビュートアルバム「PAUSE ~STRAIGHTENER Tribute Album~」を発売。)その勢いは止まることなく、ますます加速している。

オフィシャルサイト

 

関連記事

  1. the peggies 初の全国ツアーが仙台からスタート!
  2. 武部聡志 Original Award Show 〜Happy …
  3. RIZE、「ロック兄弟」フェスで女王蜂と”混ぜるな危険”の競演!…
  4. コアラモード.地元・横浜 関内ホールにてツアーファイナル! 秋の…
  5. AI GINZA SIX・観世能楽堂で『和と洋』の融合を魅せ…
  6. back number Tour Final 沖縄 ライブレポー…
  7. FlowBack、メジャーデビュー後初ワンマンライブ大盛況で幕!…
  8. 新ドラマー石川ミナ子を迎え 新体制Drop’s の初ワンマンライ…

Twitter でフォロー

MUSIC

PAGE TOP