LIVE REPORT

ストレイテナー ホリエアツシ トリビュート参加アーティストの楽曲をカバー!

10月にメジャーデビュー15周年、2018年からはバンド結成20周年のアニバーサリーイヤーに突入したストレイテナー。

今週リリースとなったアニバーサリーイヤー第1弾のトリビュートアルバム『PAUSE〜STRAIGHTENER Tribute Album〜』はiTunes総合アルバムチャート で1位を獲得し、配信チャートをも賑わせている。

このトリビュートアルバムの発売記念イベントが10月21日(土)にタワーレコード新宿店7Fイベントスペースにて行われた。同イベントは“逆トリビュート”と題し、フロントマンであるホリエアツシがトリビュートに参加したアーティストの楽曲のカバーを披露するプレミアイベントに会場溢れんばかりに450名のファンがかけつけた。

演奏する前にホリエは「元々、今日のイベントは僕の我が儘でなんかやりたい!ということを伝え、渋谷がトークイベントだったため、新宿はライブを、ただそれだけでは面白くないと思い、逆トリビュートを自ら提案したのですが、それが完全に自分の首を絞めることになりました(笑)今朝、一生懸命練習してきました!愛情を込めて、カバーして弾き語りをしたいと思います!」と会場は温かい拍手に包まれた。

「肩ならしとして、1曲だけストレイテナーの曲をやらせて下さい」と言い、自身の曲「彩雲」でミニライブがスタート。

肩ならしを終え、ホリエは「トリビュートのトリビュートをやりたいと思います!まずはMOEYESから!」とトリビュート盤の1曲目を担うMONOEYESの「My Instant Song」から逆トリビュートがスタートした。「MONOEYESは“ROCKSTEADY”のトリビュートをしてくれて、細美くんがストレイテナーのこの曲を特に愛してくれて、絶対に原曲を変えたくない!とほぼ原曲のままトリビュートしてくれました。細美くんが歌ってくれる“ROCKSTEADY”の音源化が何より嬉しかったです」と、細美武士とホリエアツシの絆を感じるカバーであった。

「この曲はみんなの力を貸して下さい!」とシンガロングを煽り、盟友ASIAN KUNG-FU GENERATIONの「Re:Re」を披露ホリエ自身も少し照れながらシンガロングをし、オーディエンスとの一体感が生まれた。

「go!go!vanillasは“おはようカルチャー”のプロデューサーを僕が務め、同じミュージシャンとして同じ目線で制作に携わることができました。」とコメントし、自身のプロデュース楽曲“おはようカルチャー”のカバーを披露。同じ九州出身という共通点もあり、ストレイテナーへのリスペクトをあえて、原曲とがらっと変える形でトリビュートしてくれた「KILLER TUNE」も是非聴いて欲しい。

イベントも後半戦に突入し、ここでホリエは「後輩なんですけど、態度のデカさといい、back numberの曲をやりたいと思います。

渋谷の試聴会イベントの時も、テナーの初めてトリビュート音源を聴く顔が見てみたい!というだけで、わざわざ会場まで見にきてくれました。どれだけストレイテナーのことを好きなんだ!と。“シーグラス”を見事にback numberの曲にしてくれちゃってますね。それがまた悔しいけど、好き!って思いました(笑)」と、相思相愛ぶりが伝わるMCから、back numberの冬の名曲「ヒロイン」を披露。

「スペースに入りきらないで、外にまでたくさんの人がいて、たまたま来られた人もいると思うのですが、

僕はただのカバーおじさんではないよ、今週トリビュートアルバムをリリースしたストレイテナーというバンドのホリエアツシです!」と、店内のお客さんにも訴えかけ、駆けつけたお客さんはもちろん、たまたま店内に居合わせた人たちをも巻き込んでいった。

「このまま語りながら、ギターを弾き始めたらMy Hair is Badみたいですが、そんな技術はないですよ(笑)」と笑いを誘い、「次はACIDMAN。ACIDMANの全てを詰め込んだのが“SIXDAY WONDER”、大木くんがストレイテナーに入って、“SIXDAY WONDER”をやったこともあるけども、逆にACIDMANに僕が入って、“リピート”という曲を一緒に演ったこともあり、その“リピート”を今日は

鍵盤ではなく、ギターで披露したいと思います。」と2年前にリリースされたACIDMANの『Second line & Acoustic collectionⅡ』に収録される「リピート(Second line)feat.ホリエアツシ」を弾き語りver.として披露してくれた。

そして、最後の曲になりました!というホリエのMCに「えー」と残念がるオーディエンスに対し、「頑張ってる方だと思いますよ(笑)」と最後まで気さくに微笑みながらのMC。「最後はトリビュートのきっかけにもなった、大先輩 the pillows。13年前に声をかけてもらい、the pillowsのトリビュートに参加させてもらいました。数々のレジェンドアーティストたちと肩を並べ参加させていただき、ストレイテナーの未来にきっかけを、与えてくれました。その時にカバーした曲ではない曲を!恩をあだに返す感じになりますが、せっかくなので泣ける曲を、ハイブリッド レインボウ」と大先輩の名曲「ハイブリッド レインボウ」をしっかり歌い上げた。

最後の挨拶として、ホリエから秋から始まるBROKEN SCENE TOUR 2017 AWでトリビュートアルバムからの懐かしい楽曲をも披露する可能性を残し、イベントは幕を閉じた。

たくさんの愛が詰まっている正真正銘のトリビュートアルバムはストレイテナーのアニバーサリーイヤー第1弾として、実に相応しい作品であると、今日のライブからも改めて伝わってくる名盤に仕上がった。明日は大阪・タワーレコードNU茶屋町店にて、盟友ASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文、喜多建介氏と盟友対談が行れるのでこちらもチェックして欲しい。

■逆トリビュート セットリスト

  1. 彩雲 / ストレイテナー
  2. My Instant Song / MONOEYES
  3. Re:Re: / ASIAN KUNG-FU GENERATION
  4. おはようカルチャー / go!go!vanillas

5.ヒロイン/back number

  1. リピート / ACIDMAN
  2. ハイブリッド レインボウ / the pillows

 

<Release Info>

★2017.11.15 Release

ストレイテナー×秦 基博「灯り」

品番:TYCT-30069 価格:\1,080(税込み)

 

1.灯り / ストレイテナー×秦 基博

2.鱗(うろこ)/ ストレイテナー ※秦 基博カバー

3.灯り instrumental / ストレイテナー×秦 基博

4.鱗(うろこ)instrumental / ストレイテナー ※秦 基博カバー

 

 

〈Release〉

★2017年10月18日(水)発売

ストレイテナー トリビュートアルバム『PAUSE ~STRAIGHTENER Tribute Album~』

【初回限定盤デジパック仕様】TYCT-69121 3,000円(税抜)+税

【通常盤】TYCT-60109  3,000円(税抜)+税 ※通常盤は初回限定盤が終了し次第の出荷になります。

 

[CD] 全12曲収録

  1. ROCKSTEADY / MONOEYES
  2. KILLER TUNE / go!go!vanillas
  3. シーグラス / back number
  4. SIX DAY WONDER / ACIDMAN
  5. 冬の太陽 / majiko
  6. Melodic Storm / 9mm Parabellum Bullet
  7. TRAVELING GARGOYLE / SPECIAL OTHERS
  8. シンクロ / THE BACK HORN
  9. REMINDER / My Hair is Bad

10.SENSELESS STORY TELLER SONY / ASIAN KUNG-FU GENERATION

11.Farewell Dear Deadman / the pillows

12.SAD AND BEAUTIFUL WORLD / STRAIGHTENER

〈Live Info〉

■BROKEN SCENE TOUR 2017 AW

★スタートから3公演の内容が公開!!!

・日程によりワンマン公演、2マン公演と内容が異なります。

・ゲストバンドは後日発表します。

 

11月4日(土)宮城 仙台 Rensa

  • ​ONE MAN LIVE

[開場] 17:00 [開演] 18:00

[一般発売日] 9月30日(土) [お問合せ] GIP TEL 022-222-9999(24時間自動音声案内)

 

11月14日(火)東京 赤坂 BLITZ

  • ​ONE MAN LIVE

[開場] 18:00 [開演] 19:00

[一般発売日] 10月14日(土) [お問合せ] HOT STUFF PROMOTION TEL 03-5720-9999(平日12:00~18:00)

 

11月18日(土)新潟 LOTS

​●with ねごと(http://www.negoto.com/)

[開場] 17:30 [開演] 18:00

[一般発売日] 10月21日(土) [お問合せ] FOB新潟 TEL 025-229-5000

 

■11月25日(土)福岡 DRUM LOGOS

[開場] 17:15 [開演] 18:00

[一般発売日] 10月14日(土)

[お問合せ] キョードー西日本 TEL 092-714-0159

 

■11月26日(日)広島 CLUB QUATTRO

[開場] 17:00 [開演] 18:00

[一般発売日] 10月14日(土)

[お問合せ] 夢番地広島 TEL 082-249-3571(平日11:00~19:00)

 

■12月2日(土)大阪 Zepp Osaka Bayside

[開場] 17:00 [開演] 18:00

[一般発売日] 10月21日(土)

[お問合せ] GREENS TEL 06-6882-1224

 

■12月3日(土)香川 高松 festhalle

[開場] 17:15 [開演] 18:00

[一般発売日] 10月28日(土)

[お問合せ] DUKE高松 TEL 087-822-2520

 

■12月12日(火)東京 新木場 STUDIO COAST

  • ONE MAN LIVE

[開場] 18:00 [開演] 19:00

[一般発売日] 11月4日(土)

[お問合せ] HOT STUFF PROMOTION TEL 03-5720-9999(平日12:00~18:00)

 

■12月17日(日)北海道 札幌 ファクトリーホール

[開場] 17:00 [開演] 18:00

[一般発売日] 10月28日(土)

[お問合せ] WESS TEL 011-614-9999(平日11:00~18:00)

 

■12月23日(土)名古屋 Zepp Nagoya

[開場] 17:00 [開演] 18:00

[一般発売日] 10月21日(土)

[お問合せ] JAILHOUSE TEL 052-936-6041(平日11:00~19:00)

[価格] 4,500円(税込・D代別)※18歳以下、当日、身分証提示で¥500キャッシュバック。

[プレイガイド] チケットぴあ / ローソンチケット / イープラス 他

 

【ストレイテナー プロフィール】

1998年ホリエアツシ(Gtr.、Key&Vo.)とナカヤマシンペイ(Dr.)の2人で始動。

2003年メジャーデビューとともに日向秀和(Ba.)加入、2008年には大山純(Gtr.)が加わり、鉄壁の4人編成に。

過去2度の日本武道館公演や47都道府県ツアー敢行、

さらに数々のビッグフェスでトリを務める等、日本屈指のライブバンドとして活躍。

2017年10月より、メジャーデビュー15周年、バンド結成20周年というアニバーサリーイヤーに突入。(アニバーサリーリリース第一弾として、10月18日にバンド初のトリビュートアルバム「PAUSE ~STRAIGHTENER Tribute Album~」を発売。)その勢いは止まることなく、ますます加速している。

オフィシャルサイト

 

関連記事

  1. BANANALEMON『FNO GIRL’S PARTY』スペシ…
  2. AI GINZA SIX・観世能楽堂で『和と洋』の融合を魅せ…
  3. OKAMOTO’S ツアーファイナルが超満員御礼にて終幕!
  4. MACO 全国TOUR FINAL公演で、新曲『君のシアワセ』…
  5. the peggies 初の全国ツアーが仙台からスタート!
  6. DADARAY、2nd mini album『DADAMAN』3…
  7. She, in the haze 12月2日渋谷SPACE O…
  8. “酸欠少女”さユり 5/19(金) 新宿駅新南改札外「Suica…

Twitter でフォロー

MUSIC

PAGE TOP