LIVE REPORT

ドレスコーズ、「平凡」コンセプトツアー「the dresscodes 2017“meme”TOUR」がFAINAL!

ドレスコーズの8都市に渡るツアー「the dresscodes 2017“meme”TOUR」が、本日、新木場studio COAST公演で幕を閉じた。

NEW ALBUM「平凡」のコンセプト衣装を身に纏った志磨遼平は、有島コレスケ(Guitar)、山中治雄(Bass)、ビートさと(Drums)、堀嵜ヒロキ(Percussion)といったメンバーと共に「無敵のファンクギャングドレスコーズ」と銘打ってアルバムの楽曲を中心にツアーを駆け抜けてきた。

千秋楽となった本日の新木場studio COAST公演は、ホーン隊に福島健一(Tenor Saxophone) MAKOTO(Trumpet) 村本 功(Trombone)が参加し、総勢8人編成となった。

LIVEは、一曲目からホーン隊と共に「common式」、「平凡アンチ」と披露し、初っ端から「平凡」ファンクナンバーで会場を揺らす。ダンスを取り入れたステージングがこのコンセプトツアーの特徴でもある。「マイノリティーの神様」「towaie」「ストレンジャー」「規律/訓練」といった、アルバム楽曲群を披露する中、志磨遼平と三浦康嗣(ロロロ)との共作詞楽曲「メロディ」を、息のぴったり合った有島コレスケとのWラップでアプローチ。

また、山中治雄の紹介から始まった初期のドレスコーズ曲「Automatic Punk」「ヒッピーズ」も、発表当時から変化したファンクアレンジで会場をヒートアップさせた。志磨は、正確無比なドラムとパーカッションが織り成すビートに、統制されたダンスを組み込み、余計なMCは削ぎ落とし、黙々とLIVEは進行していく。コンセプトアルバム「平凡」の主人公を徹底的に演じ抜く様が伺える。

後半戦は、アルバムリード曲「エゴサーチ&デストロイ」、シングル曲「人間ビデオ」、「ゴッホ」と、アッパーなナンバーでたたみかけ更にフロアを熱くし、本編ラストはミラーボールが映える「アートvsデザイン」。会場全体に湧き上がる多幸感のまま本編を終えた。

アンコールは、ホーン隊を加えたダイナミックなレゲエダンスナンバー「人民ダンス」を披露、そしてツアーラストソングに相応しい「20世紀(さよならフリーダム)」で締めくくった。

「平凡」という、単純かつ壮大なテーマを世に投げかけたドレスコーズのツアーは幕を閉じたが、一筋縄にはいかない志磨遼平の「平凡」表現を、長く味わってほしい。4月12日数量限定発売の「平凡」アナログ盤の締切は、明日4月10日正午となる。

Photo by 森好弘

【the dresscodes 2017 “meme” TOUR FINAL 新木場studio COAST セットリスト】

1.common式

2.平凡アンチ

3.マイノリティーの神様

4.towaie

5.メロディ

6.ストレンジャー

7.規律/訓練

8.Automatic Punk

9.ヒッピーズ

10.エゴサーチ&デストロイ

11.人間ビデオ

12.ゴッホ

13.アートvsデザイン

En.1.人民ダンス

En.2.20世紀(さよならフリーダム)


 

【「平凡」アナログ盤(LP2枚組)商品情報】

発売日:2017年4月12日(水)

価格:¥3,704+税

[DISC1 A面]

common式

平凡アンチ

マイノリティーの神様

[DISC1 B面]

人民ダンス

towaie

ストレンジャー

[DISC2 A面]

エゴサーチ&デストロイ

規律/訓練

静物

[DISC2 B面]

20世紀(さよならフリーダム)

アートvsデザイン

人間ビデオ

購入方法:ドレスコーズ「平凡」特設サイト KING e-SHOP

ご予約受付締切:2017年4月10日正午

■ドレスコーズofficial website

http://dresscodes.jp/

■志磨遼平twitter

https://twitter.com/thedresscodes

関連記事

  1. wacci 「感情百景」発売記念ワンマンで全曲披露!
  2. クリープハイプ 4年ぶりとなる日本武道館公演「クリープハイプの…
  3. 秦 基博 初の「横浜スタジアム」ワンマンライブ大成功!
  4. アリアナ・グランデ、3日間の来日公演完遂!
  5. 無名の女子高生シンガー”RIRI”が世界…
  6. 新ドラマー石川ミナ子を迎え 新体制Drop’s の初ワンマンライ…
  7. the peggies 初の全国ツアーが仙台からスタート!
  8. ミオヤマザキと酸欠少女さユりが待望の共演!

MUSIC

PAGE TOP