MUSIC

チック・チック・チック 『Shake The Shudder』iTunesエレクトロニックチャート1位に初登場!

史上最狂のディスコ・パンク・バンド、!!!(チック・チック・チック)待望の最新アルバム『Shake The Shudder』がいよいよ本日リリース!iTunesエレクトロニックチャート初登場1位を記録!アルバムのリリースに合わせ、ソニックマニアへの初出演も決定している彼らから、日本のファンに向けて、カタカナ音訳のリリック・ビデオが到着!またカタカナ音訳付歌詞カードも無料配布しています。来日するたびに問答無用でフロアを大熱狂させて来たチック・チック・チック。これであなたもニックと一緒に熱唱可能!
NRGQ (Lyric video for Japanese fans)


ただ「踊る」ために設計されたような快楽指数の高さ。脳内麻薬がとめどなく湧きあがり、心を解放する。これは間違いなく、2017年の最高のダンスレコードだと思う。
– CINRA
多様なスタイルを消化し撹拌・融合した折衷的なサウンド・プロダクションの洗練度は、間違いなくこれまでの最高レベルに達している。
– MUSICA
ハウスが持つ開放感を見事に表現した本作には、彼らのダンス・ミュージックに対する情熱が溢れている。
– MUSIC MAGAZINE
一貫して変わることのないパンクなアティチュードと、アルバム毎に進化を続け、シーンの変化とも巧みにリンクするサウンド。繰り返し「自由であること」をテーマとして追求してきたチック・チック・チックだが、そこではダンスが必要不可欠だ。社会とそこで生きる人びとの分断がいよいよ深刻に横たわるなか、では、音楽は、ダンス・ミュージックは何ができるだろうか?彼らのモットーである「恐れを振り払え!」というメッセージが込められた本作には、個性豊かな女性ヴォーカリストが多数参加。ムーディーマンやケイトラナダ、ニコラス・ジャーなどにインスパイアされた様々なエレクトロニック・ミュージックの要素に加え、自由な精神の象徴としてハウス・ミュージックを取り入れた。「ビートに乗ってりゃ何でもあり!」というオープンな姿勢で、混迷を極める現代に放つ彼ららしいポジティブかつ痛快、そしてバンド史上最高に踊れるダンス・アルバムが完成!

abel: Warp Records / Beat Records
artist: !!! ー チック・チック・チック
title: Shake The Shudder ー シェイク・ザ・シャダー
cat no.: BRC-545 / BRC-545T
release date: 2017/05/19 FRI ON SALE
国内盤CD:¥2,200+税
国内盤2CD+Tシャツセット:¥5,500+税
国内盤特典:ボーナス・トラック追加収録 / 解説書・歌詞対訳封入
【ご購入はこちら】
CD
beatkart
amazon
tower records
HMV:

関連記事

  1. Czecho No Republic 2019年春 EPリリース…
  2. SEKAI NO OWARI 新曲「silent」先行配信スター…
  3. 向井太一 ボビー・ブラウンのカバー 「ロック・ウィッチャ」本日配…
  4. 全国33箇所をまわるシクラメン史上最大ツアー決定! シクラツア…
  5. ACIDMAN 最新曲「Rebirth」MUSIC VIDEO…
  6. ザ・ウィークエンド『マイ・ディアー・メランコリー、』をサプライズ…
  7. toitoitoi、2017年9月6日(水)ニューアルバム『きか…
  8. カマシ・ワシントンが 新曲「TRUTH」を発表!夏には最新EPの…

MUSIC

PAGE TOP