NEWCOMERS

「肩身の狭い想いをしなくてもいいんだよ」という想いを示していきたい。 元joyの天田優子、新プロジェクトimmortal noctilucaとして1stアルバム『Gleam』を発売。

一時はメジャーシーンでも活動、元joyのヴォーカリストでありソングライターだった天田優子。彼女が、春奈るなや佐香智久などの楽曲アレンジを手がけてきた森空青をco-Producerへと迎え入れ、始動させたソロプロジェクトがimmortal noctiluca(イモータル・ノクティルカ)。 死なない夜光虫(immortal noctiluca)という意味を持つこのプロジェクトは、迷いや葛藤から抜け出そうとしている人たちの心を優しく照らし、気持ちをそっと前へと押してゆく。そんな、小さな光のような存在でありたいと願っている。天田優子が心に抱いた、壊れそうな、でも確かな光を放つ想いを、森空青と共にギターロックを軸に据えた幻想的な音楽性へと昇華。その化学反応が、immortal noctilucaの1stアルバム『Gleam』へと結実していった。immortal noctilucaの由来について、天田優子はこんな風に語っている。 「immortal noctilucaは「死なない夜光虫」という意味。それは、私のなりたい姿の象徴。私の心の中にある「絶対に死にたくはない」という気持ちを直接に投影した言葉でもありますが、私自身夜が好きで、夜に曲が生まれることが多いこと、その、曲が生まれる光のようなものをずっと絶やしたくないということ、そして「私と同じように肩身の狭い想いをしながら生きてる人たちに、小っちゃくてもいいから光を照らせたらな」という想いを持って付けています。 私自身がマイノリティな人間なんですね。だからと言ってその生き方が間違いだとは思っていません。信念を持って生きているからこそ、そういう人たちに「肩身の狭い想いをしなくてもいいんだよ」ということを、immortal noctilucaを通して示していけたらなと思っています」(天田優子) immortal noctilucaは、今年2月よりライブ活動をスタート。同時に、1stアルバムの『Gleam』もライブ会場で先行発売。天田優子の心の奥底に隠していた心情を痛くさらけ出した歌たちと、荒ぶるギターサウンドを響かせながら気持ちに寄り添う音楽性へ、心地好く背中を押してもらえた人たちも多かったようだ。 同作品が、3月8日(水)より全国発売が決定した。ようやく多くの人たちの心に伝わる環境が整ったのは嬉しいこと。joyの音楽性が好きだった方に刺さる表情も、ここには詰め込まれている。天田優子は、アルバム『Gleam』について、こう述べてくれた。 「『Gleam』という言葉は、「ちょっとした光」「暗闇の中でぼんやり光る」という意味を持っています。immortal noctiluca自体が「暗闇にいる人に対して、ほんのちょっとでもいいから光を灯し、未来への道標になれたら」という想いで活動をしています。その名前と重ね合う言葉として、『Gleam』という言葉をアルバムにも冠しました。 私が歌詞を書くうえでいつも心がけているのが、「大丈夫だよ」「これから明るい未来が待ってるよ」など無責任に結果だけを述べる歌詞にはしたくないということ。最終的な答えがそうであっても、「そこへ至るまで自分がどんな風に考えてきたのか」「どういう葛藤を心で覚えていたから、その答えに辿り着いたのか」など、そこまでの過程もしっかり提示してゆくことなんです。だから1stアルバム『Gleam』に収録した曲たちのどれにも、その答えへ行き着くまでのいろんな心の苦しみや葛藤を描きだしています。 世の中にはネガティブな意見というか、しんどいことを言っちゃ駄目みたいな空気ってあるじゃないですか。世間的に「あの人暗いよね」と思われては駄目みたいな。でも私は、あまり人が言葉にしなかったり出来なかった想いを提示することで、そことシンクロしてくれる人を求めたい。そういう人と想いを共有出来たときほど、その人とすごく心が近くなれたと私は感じるんですね。だからこそ、私は音楽を通してそれを提示しています」(天田優子) アルバム発売後も、コンスタントにライブ活動を行うそうなので、immortal noctilucaの動きをぜひチェックし続けていただきたい。最後に、もうひと言彼女の言葉を記そうか。 「今の私の一番の想いは、immortal noctilucaに関わってくださる人たちみんなが幸せになること。身近な人たちが私の活動を通して心に幸せな光が灯り、その灯がどんどん広がっていけたら。それが、私が理想としている今の活動です」(天田優子) TEXT:長澤智典 オフィシャルサイト: http://immortalnoctiluca.com/ トレーラー映像   ★CD情報★ 1st album『Gleam』 <2017.3.8 Release> [価格] ¥2,000+税 [品番] AINR-0001 [レーベル] AI kNow Records [販売元] ダイキサウンド [収録曲] 1.emerge 2.マーベリック 3.風 4.end. 5.シェルター 6.月の水海 7.NINA 8.ブルーノイズ   ★LIVE情報★ ドシードシー 1st mini album 「デイライトライトの旅の途中」 release event ~デイライトライトの旅の途中の渋谷~ 3.14(Tue)@渋谷O-Crest open 17:30/start 17:50 adv. ¥2,300(+D代)/door ¥2,800(+D代) act: ・immortal noctiluca ・ドシードシー ・uguis ・EARNIE FROGs ・石井卓とジョン中村 ・TIMIDLION ・〔O.A〕akanoblue

関連記事

  1. シンガー・ソングライター兼、奄美の杜氏 “西平せれ…
  2. “She, in the haze”が、 “美しく儚い衝撃的な新…
  3. 天月-あまつき- 『ツナゲル』がdocomo東北復興・新生支援プ…
  4. Acidclank、3P3Bから6/14発売のデビューシングルの…
  5. MOSHIMO 新作「触らぬキミに祟りなし」トレーラー公開&名古…
  6. HARUHI 3rd Sg「ソラのパレード」CDジャケット�…
  7. RO69JACK 優勝の現役高校生バンド「ニトロデイ」EPリリー…
  8. 大比良瑞希 最新MVが到着!

Twitter でフォロー

MUSIC

PAGE TOP