LIVE REPORT

yahyel 恵比寿LIQUIDROOMでの、ツアー初日公演最速レポート公開!

恵比寿LIQUIDROOMにて昨日行われた東京公演を皮切りに、京都、札幌、名古屋、大阪、高知、仙台、そして韓国・ソウルの計8都市で、行われるyahyelの2ndアルバム『Human』リリースツアー。超満員となった初日公演の最速レポートが公開!

開演前、会場にはスネークマンショー“ミスター大平”の一節が流れていた。国内外を対比するブラック・ユーモアだ。衰退を辿る世界から見た日本という国。しかし、yahyelはインターナショナルにその価値を問いただす。自らが信じるブルースやロック、R&Bを解体し、テクノロジーを駆使してオンタイムなセンスで再構築していく。

アイデンティティーを模索する上で、皮肉を込めて宇宙人(※yahyelの意)とバンド名をつけた彼ら。この1年半での躍進の結果。アルバム・タイトルにも由来する“Human”としての身体性を得て、精神統一の境地をサウンドで体現する進化をみせている。小難しワケではない、匿名性を剥いだ熱量の高い踊れるライブ・パフォーマンス。片時も意識を離さない途切れさせない高揚感の凄み。唯一無二、圧巻のサウンド・アンド・ヴィジョンだ。

オープニング、暗転すると山田健人(VJ)、大井一彌(Ds)、杉本亘(Syn)、篠田ミル(Sampling)があらわれた。そして、ステージ下からアジテーターでもある池貝峻(Vo)が登場。リヤスピーカー、サブウーファーを追加した空気が震えるサウンドに意識はロックオンされ、強烈な低音と繊細に刻まれたビートに合わせ、メンバー各々が肩を揺らす逆光に映えるシルエットが神々しい。

“I am a stranger”というフレーズが全てを物語る「Hypnosis」で本編スタート。鋭く重い音像、高音かつスモーキーな歌声が響き渡る。続いて「Acadia」の四つ打ちなイントロダクション。池貝によるステップ大きめなダンスがフロアを扇情する。アンコール含め全15曲。音像の美しさに意識を飛ばされる「Rude」など、聴きどころ、決めどころの多い展開や、絶妙にシンクロする映像に心は鷲掴みされていく。序盤、意外にも「リキッドルームへお越しの皆さん、yahyelです」とMC。後ろにいた女性客が「あ、yahyelって喋るんだ」と話していたのも印象的だった。

巡礼を想起させる「Polytheism」では印象的に鐘が響き渡るなど、SFを経由した宗教イメージをモチーフとしたサウンド・アプローチも象徴的だった。そして、オーディエンスの意識は「Once」、「Pale」をきっかけに覚醒。ハンズアップするフロアの至福な笑顔、たゆたう身体の揺れがたまらない。
トライバルなビートと耳に残るシンセ・フレーズが強烈な「Lover」後、ラスト1曲を前に池貝が珍しく長めに喋りはじめた。

「2年前、レーベルも何も決まってない頃。KATAで初めてリリース・パーティーをやって。(恵比寿LIQUIDROOM)上のエキシビジョン・スペースなんですけど。そこから2年が経ち、LIQUIDROOMでワンマンがソールドアウト(※オーディエンスが拍手)。ここまできました。なんか、……難しいバンドなんですよ。……個人的には“共感なんて全部クソ食らえ”って思ってやってきたんです。ずっと。……なんか、寂しかったんで。でも、なんだろうな。共感が無くてもいいと思うし。……ここまで、辛かったんですけど、今このステージ側に立って、自分が言いたいことを言うことに、これだけたくさんの方々が意味を見出してくれることは、もう共感云々ではなくありがたいことだと思っています。ここまで助けていただいた全ての方々に感謝したいです。ありがとうございました。……我々、志高き音楽グループ、yahyelなので。なんか“あの時、東京でライブしたね”って言えるようにしたいですね。」
このMCに、彼らのアイデンティティーが表されていると思う。人間への失望と希望。相反する感情を、音楽という神秘という名のロマンチシズムを持って120%体現しきった圧倒的なステージだった。
本編ラストは「Why」をプレイ。演奏が止まると同時にバンドロゴ“yahyel”がステージいっぱいに映し出され、ハッと我にかえった。匿名性を剥ぎ、より強固になった5人が奏でる多幸感に溢れたマインド・トリップ。新しいものが生まれる瞬間に立ち会えたことに喜びを感じられた夜だった。そして、国内ツアーは4月11日の仙台公演まで続いていき、その後4月14日には韓国ソウル公演が控えている。

Text by fukuryu(music concierge)

yahyel
– Human Tour –
Human Tour


3/31(SAT) 京都 METRO

OPEN 18:00 / START 18:30 前売¥3,500(税込/1ドリンク別途)
INFO: 京都 METRO 075-752-4765 http://www.metro.ne.jp
4/5(Thu) 札幌 DUCE
OPEN 19:00 / START 19:30 前売¥3,500(税込/1ドリンク別途)
INFO: WESS 011-614-9999 http://www.wess.jp
4/6(FRI) 名古屋 RAD HALL
OPEN 19:00 / START 19:30 前売¥3,500(税込/1ドリンク別途)
INFO: JAILHOUSE 052-936-6041 www.jailhouse.jp
4/7(SAT) 大阪 “RETURN” なんばハッチ
OPEN 17:00 / START18:00前売¥4,800(税込/1ドリンク別途)
問い合わせ:SMASH WEST 06-6535-5569 http://smash-jpn.com http://smash-mobile.com
4/8(SUN) 高知 CARAVAN SARY
GUESTS: SummAny 他
OPEN 18:30 / START 19:00前売¥3,000(税込/1ドリンク別途)
INFO: 088-873-1533 www.caravansary.jp/sary/topsary.htm
4/11(WED) 仙台 DARWIN
OPEN 19:00 / START 19:30前売¥3,500(税込/1ドリンク別途)
INFO: ニュース・プロモーション 022−266‐7555(平日11:00〜18:00)
4/14(SAT) ソウル KT&G 상상마당 라이브홀 | KT&G SangSangMaDang Live Hall
INFO

label: Beat Records
artist: yahyel
title: Human
release date: 2018.03.07 wed ON SALE
初回限定盤2CD BRC-567LTD ¥2,800+税
国内盤CD BRC-567 ¥2,300+税
国内盤LP+DL BRLP567 ¥3,000+税
【ご購入はこちら】
beatink: http://www.beatink.com/products/detail.php?product_id=9264
amazon
BRC567LTD: http://amzn.asia/hypOdKG
BRC567: http://amzn.asia/1P9YGdB
Tower Records
BRC567LTD: tower.jp/item/4673332/
BRC567: tower.jp/item/4673334/
HMV
BRC567LTD: http://bit.ly/2BWRM2D
BRC567: http://bit.ly/2Ej4MF6
Apple Music : https://apple.co/2semWms
iTunes : https://apple.co/2BXdpjt

yahyel待望の2ndアルバム『Human』は好評発売中!初回限定盤CDは、ボーナスディスク付の2枚組となり、アナログ盤にはDLカードを封入。ボーナスディスクには、『Human』から「Iron」、デビューアルバム『Flesh and Blood』からは「Midnight Run」と「Once」、そして自主リリースしたEP『Y』収録の「Small Talk」の貴重なアコースティック・バージョンが収録される。その他、CDもしくはアナログ盤購入者特典として、歌詞・対訳とアルバム未収録のアートワークを使用したミニアートブック(全20ページ)が先着でもらえる(タワーレコードはオリジナルデザイン)。
Hypnosis (MV)
https://youtu.be/7L_iqUUi7IE
Pale (MV)
https://youtu.be/sQexBpZDC7s
Iron (MV)
https://youtu.be/VrwXQ-JvLis
Rude (MV)
https://youtu.be/R4H7k2apm-Q

関連記事

  1. SILENT SIREN LIVE TOUR「新世界」スタート!…
  2. Suchmosが全国ツアーファイナル公演で 新レーベル『F.C.…
  3. GWはバンドと共にソロワークも必見! クリープハイプ尾崎世界観に…
  4. GOODWARP、代官山UNITが踊った3rdワンマンで東阪自主…
  5. GLIM SPANKY 全国ツアー 最終公演 超満員札止めで大…
  6. RIZE、「ロック兄弟」フェスで女王蜂と”混ぜるな危険”の競演!…
  7. DADARAY、2nd mini album『DADAMAN』3…
  8. 平井堅 夏の恒例LIVE 七夕Ken’s Bar 4年ぶりの屋外…

Twitter でフォロー

MUSIC

PAGE TOP