LIVE REPORT

『スチャダラパーライブ 2017年 野音の旅』ライブレポート

かねてから親交も深く、そしてリスペクトし合っていた2  組が、遂にタッグを組んだ新曲が完成!4 月15 日に日比谷野外大音楽堂で行われたスチャダラパー春の恒例のワンマン公演にゲスト出演が発表されていたEGO-WRAPPIN’ が登場し、初コラボレーション楽曲「ミクロボーイとマクロガール」をいきなり披露し、会場には歓喜の声が上がった。 この公演に合わせて密かに制作された今作は、スチャダラパーとEGO-WRAPPIN’ がブレストを重ねて曲作りから共同作業し、サウンドはSHINCO とEGO-WRAPPIN’ 森雅樹を中心に制作、Bose、ANI のラップを受けてのサビは中納良恵が歌い上げるという、豪華なコラボレーションでありながら、双方が持つユーモアもたっぷりの楽曲となっている。強いビートとポップなメロデイで多国籍感あふれるサウンドと、不思議なトリップ感覚のリリックは、一度聴いたら、もう夢中・・・! そしてもう1曲、同公演でライブ初披露となったスチャダラパーの代表曲のひとつである夏のアンセム「サマージャム’95」が、2017 年を飛び超え、その先のアツーイ夏がつづられた「サマージャム2020」として25 年の時を経て届けられ話題となっていたが、新曲「 ミクロボーイとマクロガール」と合わせて、5月10日(水)より国内外主要配信サイトにてリリースされる事が決定した。 6 月7 日(水)には、同シングルが7 インチアナログ盤で発売。こちらは限定生産盤となる。今年の夏はこれで決まり!なスペシャル・シングル。リリースをお楽しみに! ■『スチャダラパーライブ 2017年 野音の旅』ライブレポート(取材/文:高木 “JET” 晋一郎  撮影:三浦憲治) 毎年恒例となった、春のスチャダラパー日比谷野音公演。今年は「スチャダラパーライブ 2017 年 野音の旅」と題され、荘厳な“ ツァラトゥストラはかく語りき” (ただしかなり調子外れ)でメンバー、そしてバンド:ザ・コストパフォーマンスが登場し、“ レッツロックオン” からライヴはスタート。この日から会場売りとしてリリースされたEP 「セブンティーンEP 」から新曲“ セブンティーン・ブギ” を披露。「セブンティーンの時の気持ちで書いてみようがテーマだったんだけど(ANI )」「17 の時なんて息してるだけだからね(Bose )」と話すように、10 代を振り返りながら青春ソングにはなっていないのもスチャらしい構成。 そして“Check The Word” などに続いて、先日MV が公開された、いつ起こるか分からない天災に向けての備えと「あるある」を織り交ぜたSDP 流の防災ソング“ その日その時” を披露。同じくEP に収録された“ サマージャム2020” は、“ サマージャム95” から20 年余を経た現在の視点と年齢で、夏を描き出した一曲。「2020 年は昭和で言うと95 年だから『95 』では繋がってるんだよね…… いつまで昭和引きずってんだ、って話だけど」とはBose の弁。 昨年末に行われたライヴ「KGG Ⅱ」でもMC 中に話されていたリクエスト・コーナーでは、「スチャダラの3 兆曲の中からなんでもやるから(Bose )」との言葉から、“ ノーベルやんちゃDE 賞” や“0718 アニソロ” などのクラシックがパフォームされ、“ コロコロなるまま” ではシャシャミンも登場。そしてKurtis Blow “The Breaks” のビートで披露された“FUN-KEY4-1”や、いとうせいこうトリビュートとして制作された“MONEY” 、そして“GET UP AND DANCE” で会場の盛り上がりは最高潮に。   その勢いのまま、ゲストとして発表されていたEGO-WRAPPIN’ が登場し、共作された新曲“ ミクロボーイとマクロガール” を披露。そのまま中納良恵がサビを歌う“ 今夜はブギー・バック” でライヴは一旦終了。 アンコールでは「今年は特に節目の年でも無かったけど、来てくれてありがとうございます(ANI )」「生存確認の為にまたライヴで会いましょう(Bose )」という言葉から“ 再見アディオス” 、そして現在を肯定する“ ザ・ベスト” でライヴは終了。SDP 春の恒例行事は会場に熱を残したまま、幕を閉じた。
■配信シングル商品情報 アーティスト名:スチャダラパーとEGO-WRAPPIN’ タイトル:ミクロボーイとマクロガール 発売日:2017 年5 月10 日(水)※国内外主要配信サイトにてリリース 配信楽曲: スチャダラパーとEGO-WRAPPIN’ / ミクロボーイとマクロガール スチャダラパー/サマージャム2020 発売元:ZENRYO RECORDS/SPACE SHOWER MUSIC ■限定生産7 インチアナログ盤商品情報 アーティスト名:スチャダラパーとEGO-WRAPPIN’ タイトル:ミクロボーイとマクロガール 発売日:2017 年6 月7 日(水) 品番:DDKB-94016 価格:¥1,500+税 収録曲: A-side: スチャダラパーとEGO-WRAPPIN’ / ミクロボーイとマクロガール B-side: スチャダラパー/サマージャム2020 発売元:ZENRYO RECORDS/SPACE SHOWER MUSIC 販売元:スペースシャワーネットワーク
■スチャダラパー プロフィール ANI、Bose、SHINCOの3人からなるラップグループ。 1990年にデビューし、1994年『今夜はブギー・バック』が話題となる。以来ヒップホップ最前線で、フレッシュな名曲を日夜作りつづけている。デビュー25周年となる2015年にアルバム『1212』をリリースし、25周年公演を開催。2016年4月には日比谷野外大音楽堂で『スチャダラ2016 ~LB春まつり~』を開催し、ミニアルバム『あにしんぼう』をリリースした。2017年4月15日にワンマン公演『スチャダラパーライブ 2017年 野音の旅』を行った。 ・最新MV: スチャダラパー “レッツロックオン” (Official Music Video) https://youtu.be/W5QytATQSxA ・オフィシャルHP http://www.schadaraparr.net/ ・オフィシャルInstagram https://www.instagram.com/sdp1990_official/ ■EGO-WRAPPIN‘ プロフィール 1996 年 中納良恵(Vo 、作詞作曲) と森雅樹(G 、作曲) によって大阪で結成。 2000 年に発表された「色彩のブルース」や2002 年発表の「くちばしにチェリー」は、多様なジャンルを消化し、エゴ独自の世界観を築きあげた名曲として異例のロングヒットとなる。以後作品ごとに魅せる斬新な音楽性において、常に日本の音楽シーンにて注目を集めている。ライブにおいては、国内のフェスなどの出演だけに留まらず、ヨーロッパやアジアのフェスに出演するなど、海外でのライブ活動も行っている。 2016 年には結成20 周年を迎え日本武道館でワンマンライブを行い、その模様を収録したLive Blu-ray&DVD「ROUTE 20 HIT THE BUDOKAN  ~live at  日本武道館~」を2017 年3 月15 日にリリースした。 オフィシャルサイト: http://www.egowrappin.com/

関連記事

  1. Suchmosが全国ツアーファイナル公演で 新レーベル『F.C.…
  2. SILENT SIREN LIVE TOUR「新世界」スタート!…
  3. 秦 基博 初の「横浜スタジアム」ワンマンライブ大成功!
  4. back number Tour Final 沖縄 ライブレポー…
  5. 新ドラマー石川ミナ子を迎え 新体制Drop’s の初ワンマンライ…
  6. フジファブリック “UNISON SQUARE GA…
  7. SCANDAL 初の47都道府県ツアー、全53公演を完走!
  8. 三戸なつめ 東京TSUTAYA O-EASTを皮切りにLIVE …

Twitter でフォロー

MUSIC

PAGE TOP