LIVE REPORT

Absolute area × MINT mate box 2マンイベントが満員大盛況!

平均年齢20歳、新進気鋭のロックバンドAbsolute areaと、キュートなサウンド&ビジュアルで絶賛勢力拡大中のMINT mate box。共にスリーピース編成、“青春”を感じさせる歌詞の世界観など、共通点も多い2組が、今回満を持して初めての対バンを果たした。

先攻はAbsolute area。清涼感溢れるロックナンバー「少年」からスタートしたライブは、のっけから大盛況。山口諒也(Vo./Gt.)の真っ直ぐに突き抜けるような歌声と、萩原知也(Ba.)と高橋響(Dr.)が奏でる痛快なビートが、新代田FEVERに爽やかな風を吹かせていく。

続いて、山口がアコースティックギターに持ち替え、新曲「遠くまで行く君に」を披露。さっきまでの勢いの良いパフォーマンスとは打って変わった、ちょっぴり切ない雰囲気のバラードに、オーディエンスは静かに耳を傾けていた。また演奏後には、この曲のMVが近々公開されることがアナウンスされ、会場からは大きな拍手が巻き起こった。

彼らの代表曲「ひと夏の君へ」でフロアを温めた後は、事前に行われた2組による対談や、SNSでも予告されていたMINT mate boxのカバー「漫画でもないような話」を投下。「ちょっと不安なんです!」と、緊張した面持ちを見せるメンバー3人だったが、なかなかないレアな一幕にアブソファン、またミントファンの反応も上々。今までのアブソにはない女の子目線の楽曲に、バンドの新たな一面も垣間見られた一曲となった。

後半戦に差し掛かると、アブソの曲の中でも一際ポップな「会社員」や、萩原と高橋のコーラスワークが光る新曲「パラレルストーリー」など、様々なアプローチの曲でフロアの高揚感を高めていく。そしてラストは、ライブでも定番となったアンセム「ミライゾウ」。たくさんの手で埋め尽くされたフロアに向け、「いい景色です、ありがとう!」と感謝の言葉を述べ、この日のライブを締め括った。

熱いバトンを受け取ったMINT mate boxも、負けじと好演。超絶キャッチーなギターリフが炸裂する「ミント」で幕開けすると、間髪入れずに「走れ」「メイクキュート」など、思わず笑みがこぼれてしまうようなキュートなポップソングを連投。底抜けに明るい笑顔で極太ベースを奏でるやすだちひろ(Ba.)に、マイペースながらもバンドサウンドをしっかりと支えるKJ(Gt.)、そこに乗っかるmahocato(Vo./Gt.)のひたすらキュートな歌声が、会場をハッピーな空気で満たしていく。

 

なお、この日はミントも Absolute areaの楽曲をカバー。「私たちは青春をテーマに楽曲を作ってるんだけど、失恋ソング歌ったことないなって思って」と前置きした後、「失恋歌」をエモーショナルに歌い上げた。本編ラスト&アンコールでは、「リサイクル」「シャッター」と、キラーチューンを二連発。大盛り上がりの中、イベントは終了した。

全体的に和やかなムードに包まれながらも、しっかりとそれぞれの正攻法を提示し合ったAbsolute areaとMINT mate box。2組のこれからの活動に期待したくなる、そんな一日だった。

文:渕井 実香    写真:うつみさな

<Absolute area LIVE INFO>

○12/27(木) O-Crest YEAR END PARTY 2018 Special 4DAYS!前夜祭@O-Crest

○1/3(木) Crest presents U-20フェス!!@O-Crest

○1/24(木) Vo山口弾き語り@渋谷CRAWL

○1/27(日) Vo山口弾き語り@下北沢BIG MOUTH

○2/3(日) ニアフレンズツアー@埼玉EASYGOINGS

○3/24(日) “Zepp Fukuoka×BEA Presents F-X2019“@Zepp Fukuoka

○3/27(水) 高校生FES@下北沢ライブハウス(会場未定)

<MINT mate box LIVE INFO>

12/27(木)sooogood! “TOUR 2018”@東京WWW

1/14(月・祝)Amelie presents「ノスタルジックシアター ~平成最後の二人三脚~」@名古屋ell.FITS ALL

1/18(金)Lucky Kilimanjaro “HUG YOU TOUR”@渋谷 TSUTAYA O-nest

<Absolute area映像作品>

「ドラマチックサマー」MVはこちら⇒

 https://www.youtube.com/watch?v=WpEiDpYCh4E 

<Absolute area Release>

初の全国流通盤!

2018年8月8日(水)リリース 『あの夏の僕へ』

01.ドラマチックサマー

02.失恋歌

03.がらくた

04.ひと夏の君へ

05.My home town

06.reborn

定価:¥1600(+tax)

品番:EGGS -033

ご購入はこちらまで→

http://tower.jp/artist/2637467/Absolute-area

 <Absolute area Profile>

Absolute area(アブソリュート・エリア)

2014年、高校の同級生で結成。平均年齢20歳。メンバー脱退を経て、2017年10月に現メンバーに今までに「YHMF」「MusicRevolution」など、高校生大会にて数々の受賞歴を持ち、2017年3月にはバンド初のワンマンライブを下北沢GARAGEにて開催。チケットはソールドアウト。7月からは、自主企画3ヶ月連続2マンシリーズ『ふたりのり』を開催。10代限定フェス『未確認フェスティバル2017』ファイナリストとして新木場STUDIO COASTに出演。年齢離れした高い技術に加え、ボーカル・山口諒也のソングライティング、歌声が魅力で、同世代からの絶大なる支持を得ている。2018年8月8に『あの夏の僕へ』をリリース。9月10月において2ヶ月連続ワンマンを即完させて勢いに乗る、

今後大注目の若手3ピースギターロックバンド。

☆Absolute area Official web site

https://absolutearea.themedia.jp/

関連記事

  1. amazarashi、Aimerによる4都市5公演の2マン・アジ…
  2. 番匠谷紗衣 地元大阪、初ワンマンの会場にて開催!
  3. ドレスコーズ、「平凡」コンセプトツアー「the dresscod…
  4. MACO『今日もあなたに恋してます TOUR 2017』ファイナ…
  5. Czecho No Republic アルバムツアーファイナル…
  6. FLOW 恵比寿リキッドルームライブにて15周年イヤーへ突入!
  7. ナナヲアカリ フライングワンマンツアーライブレポ
  8. FlowBack、メジャーデビュー後初ワンマンライブ大盛況で幕!…

Twitter でフォロー

MUSIC

PAGE TOP