MUSIC

back number 「大不正解」映画「銀魂2 掟は破るためにこそある」主題歌に決定

累計発行部数5,500万部以上、週刊少年ジャンプ(集英社刊)が誇る天下無敵の痛快エンターテイメント「銀魂」(原作:空知英秋)。福田雄一監督のもと小栗旬を主演に、史上最強の超豪華キャストが結集し、2017年実写映画化!最終興行収入38.4億円、2017年の実写邦画No.1の成績を記録する超絶大ヒットを飛ばした実写版『銀魂』の続編『銀魂2 掟は破るためにこそある』が8月17日(金)に公開となり、すでに大きな話題を呼んでいます。

back numberは昨年12月にリリースしロングヒットを記録している「瞬き」以来の新曲「大不正解」をかねてより原作の大ファンであるこの映画の主題歌として書き下ろしました。

今回の主題歌について清水依与吏は「思えばジャンプで掲載されてから毎週『銀魂』に触れているわけですから、なんだか14年来の友人に友情をテーマに曲を書くかのようなこそばゆさを感じつつも、純粋に嬉しかったし、楽しみながら作れました。

自分達の中にある『銀魂』の世界と、実際の人生の中での『銀魂』な瞬間を、あまり踏み込んだことのない領域の熱量で歌えたと思います。」とコメントを寄せている。

また、back numberは7月1日に一般発売された初の東名阪ドームツアー全5公演が即日完売。勢いはとどまるところを知らない。


思えばジャンプで掲載されてから毎週『銀魂』に触れているわけですから、なんだか14年来の友人に友情をテーマに曲を書く

かのようなこそばゆさを感じつつも、純粋に嬉しかったし、楽しみながら作れました。

自分達の中にある『銀魂』の世界と、実際の人生の中での『銀魂』な瞬間を、あまり踏み込んだことのない領域の熱量で歌えたと

思います。

清水依与吏(back number)


『銀魂』は、幸運にも昨年の実写邦画興行収入ナンバーワンを獲得できましたので、

今人気ナンバーワンのback numberに頼む権利があると思いました。

テーマは『熱い友情』です。

快く引き受けていただいただけでなく、

作曲に一生懸命取り組んでくれ、なんとデモを数曲用意してくれました。

そのどれもが真に銀魂にふさわしい曲でしたが、

その中から今回のエピソードに最もふさわしい、熱くてかっこいいナンバーを選ばせていただきました。

本当に映画にぴったりの素晴らしい曲です。

『銀魂2』は今ラッシュまで仕上がり、完成まであと少しです。

すでに前作を超える傑作になっているとはっきり言い切りますが、back numberとの組み合わせにより、さらに熱い映画になると保証します。

平成最後の夏は、もっと笑って、もっと泣いて、もっと熱くなりましょう!

プロデューサー 松橋真三 


【映画情報】

タイトル:「銀魂2 掟は破るためにこそある」

公開日:2018年8月17日(金)

累計発行部数5,500万部以上、週刊少年ジャンプ(集英社刊)が誇る天下無敵の痛快エンターテイメント「銀魂」(原作:空知英秋)。福田雄一監督のもと小栗旬を主演に、史上最強の超豪華キャストが結集し、2017年実写映画化!最終興行収入38.4億円、2017年の実写邦画No.1の成績を記録する超絶大ヒットを飛ばした実写版『銀魂』の続編『銀魂2 掟は破るためこそある』が8月17日(金)に公開となる。

街には高層ビルが立ち並び、空には無数の宇宙船?!本作は宇宙からやってきた「天人(あまんと)」の台頭と廃刀令により、かつて隆盛を極めた侍が衰退の一途をたどるパラレルワールドの江戸時代末期・かぶき町を舞台に、侍魂を堅持するちょっと変わった男・主人公の坂田銀時(小栗旬)と、ひょんなことから出会った志村新八(菅田将暉)、神楽(橋本環奈)が営む“万事屋銀ちゃん”の周りで起こる様々な事件が描かれる。今回実写化されるエピソードは、「銀魂」史上最もアツい「真選組動乱篇」、そして隠れ人気キャラで、“将ちゃん”こと江戸幕府14代征夷大将軍が登場する、最も笑える「将軍接待篇」を融合させたまさかのハイブリッド作品!

小栗旬/菅田将暉 橋本環奈/柳楽優弥 吉沢亮/長澤まさみ 岡田将生/ムロツヨシ キムラ緑子 佐藤二朗/中村勘九郎 堂本剛 ほか
原作:「銀魂」空知英秋(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)
脚本/監督:福田雄一 音楽:瀬川英史 
主題歌:back number「大不正解」(ユニバーサル シグマ)

製作:映画「銀魂2」製作委員会  制作プロダクション:プラスディー 
配給:ワーナー・ブラザース映画 ©空知英秋/集英社 ©2018映画「銀魂2」製作委員会
Gintama-film.com


【back number リンク】

OFFICIAL HP: http://backnumber.info/

 

【TOUR SCHEDULE】

back number dome tour “stay with you” supported by uP!!!

7月29日(日)  愛知:ナゴヤドーム

8月11日(土)  東京:東京ドーム

8月12日(日)  東京:東京ドーム

10月27日(土)大阪:京セラドーム大阪

10月28日(日)大阪:京セラドーム大阪

 

ツアー特設サイト

http://backnumber.info/feature/dometour2018

 

【イベント出演スケジュール】

8月18日(土)SUMMER SONIC 2018 ZOZO マリンスタジアム&幕張メッセ

8月19日(日)SUMMER SONIC 2018 舞洲SONIC PARK

http://www.summersonic.com/2018/

 

【back number Profile】

Vocal & Guitar : 清水依与吏(シミズイヨリ)  群馬県太田市出身 (1984年7月9日生まれ)

Bass : 小島和也(コジマカズヤ) 群馬県伊勢崎市出身(1984年5月16日生まれ)

Drums : 栗原寿(クリハラヒサシ) 群馬県伊勢崎市出身(1985年7月24日生まれ)

 

2004年、群馬にて清水依与吏を中心に結成。幾度かのメンバーチェンジを経て、2007年現在のメンバーとなる。

2009年2月18日に1stミニアルバム『逃した魚』をリリース。TOWER RECORDS一押しアイテム「タワレコメン」、HMV一押しアイテム「HOT PICKS」に史上初めて同時に選ばれ、全国の店頭にて異例の大展開。2010年6月、待望の1stフルアルバム『あとのまつり』をリリース。他とは一線を画す切なすぎる歌詞と美しすぎるメロディでその地位を確立した。

デビュー直前にiTunesが選ぶ2011年最もブレイクが期待できる新人アーティスト“Japan Sound of 2011”に選出。

4月6日に発売したメジャーデビューシングル「はなびら」はオリコンウィークリーチャートで45位を獲得、そしてその後6月22日リリースの2ndシングル「花束」は全国FMのパワープレイ、番組のエンディングテーマ等含めて73個を獲得し、オリコンウィークリーチャート18位を記録、その後10月に3rdシングル「思い出せなくなるその日まで」、メジャー初となるオリジナルアルバム「スーパースター」を立て続けにリリース。アルバム「スーパースター」はオリコンウィークリーチャート4位を記録した。

2011年度 年間ラジオ・ エアプレイチャートでは2ndシングル「花束」が邦楽で1位を記録、ゴールドディスク大賞ベスト5ニュー・アーティスト受賞、CDショップ大賞入賞。全国11ヶ所(追加公演2公演含む)のワンマンツアーが全て即完し、さらに追加した渋谷公会堂公演も即完。新人ながら「ROCK IN JAPAN」「RISING SUN ROCK FES.」「MONSTER baSH」「SETSTOCK」「HIGHER GROUND」「TREASURE05X」の6本の夏フェスにも出演した。

2012年には「恋」「日曜日」「わたがし」「青い春」の4枚のシングルをリリース。「日曜日」はHBC・TBS系ドラマ「スープカレー」、「青い春」はCX系ドラマ「高校入試」の主題歌にも起用され、さらに大きな注目を集めた。11月にそれらのシングル曲を収録した3rdアルバム「blues」をリリース、その後の全国ツアーは17ヵ所19公演が全て即日完売、さらに2013年9月7日に行われた初の日本武道館公演も即日完売となり大成功を収めた。

2014年、8thシングル「高嶺の花子さん」(2013年6月リリース)、9thシングル「fish」(2014年2月リリース)、そして10thシングル「繋いだ手から」(2014年3月リリース)を含むニューアルバム「ラブストーリー」を3月26日にリリースし既に12万枚突破!!!5月からはそのアルバムを引っさげた初の全国ホールツアー「love stories tour 2014」(20ヵ所21公演)を開催し全て即日完売!!! 追加公演で行われた横浜アリーナ2DAYS、大阪城ホール1DAYも即日完売となり大成功を収めた。

2015年1月に発売されたシングル「ヒロイン」はJR SKISKIのCMソングに、5月に発売された「SISTER」は大塚製薬 ポカリスエット イオンウォーターCMソング、8月に発売された「手紙」はNTTドコモCMソング、11月に発売された「クリスマスソング」はフジテレビ系月曜9時ドラマ「5→9~私に恋したお坊さん〜」主題歌に起用され大ヒットを記録、その後5枚目のオリジナルアルバム「シャンデリア」はオリコンウィークリーチャート2週連続1位を獲得した。

2016年1月にスタートした26ヶ所27公演のホールツアー、さらに6月から追加を含めて6ヶ所12公演のアリーナツアーは全ヶ所即日ソールドアウト。5月に発売されたシングル「僕の名前を」は映画「オオカミ少女と黒王子」主題歌となりiTunesウィークリーチャート1位を獲得、11月発売シングル「ハッピーエンド」は映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」主題歌として話題を集めた。そして、12月28日には自身初のベストアルバム「アンコール」をリリースし、70万枚を越える大ヒットを記録。

2017年2月から自身最大規模の全国アリーナツアー“All Our Yesterdays Tour 2017”で30万人を動員した。12月には映画「8年越しの花嫁 奇跡の実話」主題歌の「瞬き」をリリースしロングセラー中。2018年には初のドームツアーが決定している。

【LINK】

オフィシャルHP

http://backnumber.info/

関連記事

  1. EVO+ 2ndアルバム「Methuselah」インタビュー&…
  2. KANA-BOON 「さくらのうた」と「桜の詩」のMVを同時公…
  3. 凛として時雨 「Chocolate Passion」ティザー映像…
  4. King Gnu NEW ALBUM「Sympa」のメジャーリ…
  5. 春ねむり「春と修羅」全貌公開、特設サイトもオープン!!
  6. Krystle Warren 最新作『Three the H…
  7. Qyoto 「太陽もひとりぼっち」新たなMUSIC VIDEOを…
  8. SHE’S、12月6日 リリース 2nd Album『Wande…

Twitter でフォロー

MUSIC

PAGE TOP