LIVE REPORT

MACO 全国TOUR FINAL公演で、新曲『君のシアワセ』を初披露

シンガーソングライターのMACOが22日、東京 昭和女子大学人見記念講堂にて全国TOUR「メトロノームツアー2018」のFINAL公演を行った。1月の初日新潟公演から全8公演を終えたMACOは「1月から始まったこのツアーは、今までで一番実りあるツアーだったと思います。アルバムを出してツアーが出来るということの幸せをとても感じたし、綺麗事ではなく心の底から、周りにいる人たちと応援してくれるファンの人たちのおかげでステージで歌えてるんだと痛感した4ヶ月間でした。ファンのみんながまたMACOに会いたいって思ってくれてたら嬉しいです。」とツアーを振り返った。

昨日のFINAL公演では3月に放送されたテレビ東京系ドラマ「東京センチメンタルSP~御茶ノ水の恋~」の主題歌となった『君のシアワセ』初披露を含む、全22曲を歌唱。集まった2,000人のファンはMACOの歌声に酔いしれるとともに、MACOがMC中に「今年のテーマは自分らしく」と語った通り、MCでは一発ギャグを披露したり女性ファン・男性ファンに分けて激しくコールアンドレスポンスするなど、これまでのMACOのツアーでは見せていなかった意外なMACOの素の表情を十二分に楽しんだ。

MACOは6月20日(水)に初のベストアルバム『BEST LOVE MACO』を発売。昨日披露した『君のシアワセ』や同郷(函館)のGLAY代表曲『HOWEVER』のカバーなど新曲も収録される。UNIVERSAL MUSIC STORE完全数量限定で発売されるオリジナルTシャツとデラックスボックスが付いた限定盤には、現在予約が殺到中でコレクターズアイテムになりそうだ。

2018/4/22(日)MACOメトロノームツアー2018 FINAL東京公演セットリスト

M1 恋するヒトミ

M2 僕だけのBaby

M3 We Gonna Be Happy

M4 Don’t You Know I Love U

M5 NATURAL LOVE

M6 カタオモイ

M7 愛してる

M8 LOVE

M9 family

M10 朝もお昼も夢の中も

M11 恋人同士

M12 春の風

M13 二人は夢みるマーメイド

M14 秋空

M15 マフラー

M16 手紙

M17 恋の道

M18 Sweet Memory

Encore

M19 メトロノーム

M20 幸せ

M21 君のシアワセ

M22 PEEKABOO

■MACO ベストアルバム『BEST LOVE MACO』商品情報:

初回限定盤(CD+DVD+フォトブック+三方背スリーブケース):3,500円(税別)UICV-9283

※フォトブック(全撮り下ろし32ページ、フルカラー)

通常盤(CD)¥2,500(税別)UICV-1096

完全数量限定盤(オリジナルTシャツ+CD+デラックスボックス):5,300円(税別)PDCV-1011

ここでしか手に入らないオリジナルTシャツ付!デラックスボックス仕様

※Tシャツのサイズは男性・女性共通のLサイズです。

※MACOはLサイズを着用しています。

UNIVERSAL MUSIC STORE限定販売: ご予約はこちらから!!

※3形態全てCDジャケット写真は異なるデザインとなります。

※3形態全てCD収録内容は同様です。

【CD内容】

We Are Never Ever Getting Back Together(Japanese Ver.)、LOVE、ふたりずっと、Kiss、ありがとう、この世界中で、うれし涙(MACO Ver.)、恋心、恋人同士、恋するヒトミ、恋の道を含む代表曲

新曲:

「HOWEVER」(GLAY 1997年発売のシングル曲をカバー)

「君のシアワセ」(テレビ東京系ドラマ『東京センチメンタルSP~御茶ノ水の恋~』主題歌)

【DVD内容】※初回限定盤のみ

ミュージックビデオ:

LOVE、ふたりずっと、Kiss、ありがとう、恋心、恋人同士、love letter、手紙、恋するヒトミ、恋の道、Sweet Memory、Sweet Memory (MACO Ver.)

スペシャルムービー:

MACOの楽曲「Kiss」を原案に制作されたYouTubeドラマ『ラストキス』全3話

■MACOプロフィール

2014年にメジャーデビュー以降、ラブソングを中心に共感を呼ぶ歌詞や、歌声で10代~20代の男女に絶大な人気を誇るシンガーソングライター。

インディーズ時代にリリースされたミニアルバム『22』は当時大ヒット中だった『Let It Go』を抜き、iTunes総合アルバムチャートで1位を獲得。メジャーデビューのきっかけとなったテイラー・スウィフト「私たちは絶対に絶対にヨリを戻したりしない~ We Are Never Ever Getting Back Together」の”テイラー公認”日本語カバーを筆頭に注目を集める。

デビュー1年目よりレコチョク年間ランキングの新人部門で1位、第29回日本ゴールドディスク大賞の新人部門など各賞を受賞。2015年11月にはスマッシュヒット「LOVE」、「ふたりずっと」、「Kiss」を収録した待望の1stアルバム『FIRST KISS』がiTunes及びレコチョクで総合1位、オリコン週間ランキングTOP5に輝き、デビューより3作全てで1位を獲得した。SNSを中心に話題を集めYouTubeの総再生回数は日本人アーティスト最速で9,000万回を超え、YouTubeが展開する「好きなことで、生きていく」キャンペーンに出演。2016年9月21日には2ndアルバム「love letter」をリリースし、2作連続オリコンチャートTOP10入りを記録。同年10月からはそのアルバム「love letter」を引きさげ、異例の年に2回目の開催となる全国8都市を廻る「あなたにはじめて、手紙を書くよ。love letter Tour 2016」開催。

今年は第一弾シングル「恋するヒトミ」(MACO x ACUVUE®キャンペーンCMソング)をリリースし、5月28日(日)の福岡サンパレス公演を皮切りに、大阪、北海道、愛知、神奈川の5都市をまわり、ツアーファイナルはMACOの全国ツアー会場としては最大規模のパシフィコ横浜にて開催。6月にはJTB「知ることは、出会うこと。シンガポール篇」CMソング「恋の道」を配信限定リリース。8月には自身初となるフォト・エッセイ「タイムマシンができたなら。」(主婦と生活社・刊)をリリース。

昨年11月15日に待望の3rdアルバム『メトロノーム』をリリースし、このアルバムをひっさげて廻った「MACO メトロノームツアー2018」は大盛況で幕を閉じた。そして、自身初となるベストアルバム「BEST LOVE MACO」が6月20日に発売されることが決定している。

公式サイト  http://www.macoopc.com/

関連記事

  1. アリアナ・グランデ、3日間の来日公演完遂!
  2. 井上苑子「メッセージ」リリースイベントに中川大志ゲスト出演!
  3. 片平里菜 新曲「愛のせい」Lyric Videoを公開!
  4. FlowBackワンマンライブ2017「VERSUS」@赤坂BL…
  5. フジファブリック “UNISON SQUARE GA…
  6. 新ドラマー石川ミナ子を迎え 新体制Drop’s の初ワンマンライ…
  7. SCANDAL 初の47都道府県ツアー、全53公演を完走!
  8. ミオヤマザキ 初の海外公演『Japan Expo』で圧巻のステ…

Twitter でフォロー

MUSIC

PAGE TOP