LIVE REPORT

MACO『今日もあなたに恋してます TOUR 2017』ファイナル 

ステージ中央。ふいにシルエットが浮かぶ。

バックライトを背に受けながらMACOが登場した——と、客席が一気に沸く。大きな歓声が飛ぶ。観客の体温が急上昇していく。それが手に取るようにわかる。

2016年に行われた2度の全国ツアー『FIRST KISS TOUR』『love letter Tour』とは観客の空気が、熱量が、決定的に変わっている。彼女のファンは圧倒的に10〜20代女性が多い。それゆえこれまではお世辞にも、「ライブ慣れ」しているとは言えなかった。だが、それが今回は最初から、全身でライブを楽しんでいる。

MACOは、その歓声をいっぱいに受けながら、オープニングの『HERO』、そして『夢のなか』までを伸びやかに歌い上げる。強く、澄んだ歌声が会場の隅々までを満たしていく。

「『今日もあなたに恋してます TOUR 2017』ファイナル! 横浜! 今日は来てくれてありがとうございます! MACOです! 最高な一日を作り上げましょう!」

2曲歌い終えた彼女の姿を見てハッとした。彼女もまたどこかが変わっている。

柔らかさの中に強さが見え隠れするような、誤解を恐れずに言えば、プロとしての自信に満ち溢れているような。その存在感に圧倒される。

『Love Lie』『Missing You』と観客を見事に引き連れ、会場の熱をさらに上げていく。そのままの勢いで『恋人同士』『love letter』、1st シングルの『LOVE』へ。客席から響き続ける大きな手拍子の中で、気持ちよさそうに歌うMACO。m-flo loves加藤ミリヤの『ONE DAY』カバーを挟んで、『Your Love』、そして『手紙』を歌い切ると会場中は一体感と幸福感に包まれる。

衣装チェンジを済ませるとライブは後半戦突入。『二人は夢みるマーメイド』『うれし涙』、『恋心』のキュートでPOPなサマーチューン・アレンジを披露し、観客はすっかり南国バカンス気分にさせたところで、一転、バラードへ振る。

『ふたり』『この世界中で』『Kiss』と静かに切なく、文字通り「全開」で歌い上げていく。澄んだ高音域がどこまでも力強く伸びていく。

聴いているこちらが、いつの間にか手にギュッと力を込めてしまうほど、握り締めた手が汗ばんでしまうほどの圧倒的な歌声が、鋭く刺さる。そのまま塊になって胸に残っていく。“ラブソングのカリスマ”の真骨頂だ。

『恋するヒトミ』『family』で本編は終了……と思ったのも束の間、アンコールを待ちきれない観客が『LOVE』を歌い出す。歌声の輪はあっという間に広がり会場中が大合唱に包まれる。もはやMACOのライブではお馴染みの光景だ。

割れんばかりの拍手に迎えられステージに再登場したMACOはAIの『Story』をカバーし、『ふたりずっと』と続ける。そして——5月の福岡からスタートした全国5か所でのツアーもいよいよ本当のラストを迎える。最後を飾ったナンバーは、CMソングにもなっている『恋の道』。

ファイナル全21曲を歌いきった彼女は、ようやく肩の荷がおりたように息をついて、とびきりの笑顔を見せた。

「家族や友人、そして愛する人、大切な人たちのそばにいられるだけで幸せなんだって、感じるようになりました。今日来てくれたみんな、本当にありがとうございました! また必ず会いましょう! MACOでした!」

人は変わる。ほんの一瞬で、誰もが変わっていく。

いま目の前で、ひとりの女性が「変わろう」としている。自分の人生にチャレンジしようとしている。

もちろん彼女はこれまでもチャレンジし続けてきた。「歌を仕事にする」と決めて、単身上京してきたときから、ずっと。だが今回のツアーでは、これまでの苦労も喜びも、自分自身をも、軽やかに超えていくような強さ——「覚悟」を確かに感じた。

その覚悟が、観客たちを巻き込みとりひとりが感化され、ライブ全体、いやツアー全体をも大きく変えた——成長させたのだ。

彼女が自分の人生に起こしたチャレンジが、これから彼女をどう変えていくのか。

それは誰にも分からない。きっと彼女自身にも分からない。

しかし、その変わって行く自分の姿で、その歌声で、誰かの気持ちを豊かにできるのならば、それこそ、「表現者」と呼ばれるべき人間なのだ。

MACOは、そんなシンガーソングライターなのだ。

これからも、恐れることなく変わり続けていくであろうMACOに、その歌声に、私も観客のひとりとして期待せずにはいられない。

MACO『今日もあなたに恋してます TOUR 2017』

2017年7月8日(土) 神奈川 パシフィコ横浜 国立大ホール

  1. HERO
  2. 夢のなか
  3. Love Lie
  4. Missing You
  5. 恋人同士
  6. love letter
  7. LOVE
  8. ONE DAY
  9. Your Love
  10. 手紙
  11. 二人は夢みるマーメイド
  12. うれし涙
  13. 恋心
  14. ふたり
  15. この世界中で
  16. Kiss
  17. 恋するヒトミ
  18. family

■アンコール■

  1. Story
  2. ふたりずっと
  3. 恋の道

★ライブセットリストプレイリスト

Apple Music(Connect)

LINE MUSIC(MACOアカウント)

<MACOプロフィール>

2014年にメジャーデビュー以降、ラブソングを中心に共感を呼ぶ歌詞や、歌声で10代〜20代の男女に絶大な人気を誇るシンガーソングライター。

デビュー1年目よりレコチョク年間ランキングの新人部門で1位、第29回日本ゴールドディスク大賞の新人部門など各賞を受賞。2015年11月にはスマッシュヒット「LOVE」、「ふたりずっと」「Kiss」を収録した待望の1stフルアルバム『FIRST KISS』がiTunes及びレコチョクで総合1位、オリコン週間ランキングTOP5に輝き、デビューより3作全て1位を獲得した。SNSを中心に話題を集めYouTubeの総再生回数は日本人アーティスト最速で8,000万回を超え、YouTubeが展開する「好きなことで、生きていく」キャンペーンへの出演をするなど話題となっている。9月21日には待望の2nd アルバム「love letter」をリリースし、2作連続オリコンチャートTOP10入りを記録。10月からはそのアルバム「love letter」を引っさげて異例の年に2回目の開催となる全国8都市を廻る「あなたにはじめて、手紙を書くよ。love letter Tour 2016」開催。2017年2月22日にそのTOUR映像商品をDVD/Blu-rayで発売。

今年は、5月17日に第一弾シングル「恋するヒトミ」(MACO x ACUVUE®キャンペーンCMソング)をリリースし、5月28日(日)の福岡サンパレス公演を皮切りに、大阪、北海道、愛知、神奈川の5都市をまわり、ツアーファイナルはMACOの全国ツアー会場としては最大規模のパシフィコ横浜にて開催。

MACO公式サイト

 

 

関連記事

  1. NICO Touches the Walls、2カ月半におよぶツ…
  2. GLIM SPANKY 6月17日大阪城音楽堂、 野外ワンマンラ…
  3. SCANDAL 初の47都道府県ツアー、全53公演を完走!
  4. 空想委員会 中野サンプラザで「僕史上、最高に幸せなツアー」を完走…
  5. TK from 凛として時雨×syrup16gが競演「error…
  6. サンダーキャット 圧巻のパフォーマンスの東京公演 最速レポート公…
  7. FLOW 恵比寿リキッドルームライブにて15周年イヤーへ突入!
  8. wacci 全国ツアーファイナルはパシフィコ横浜メインホールに決…

Twitter でフォロー

MUSIC

PAGE TOP