COLUMN

電球(シクラメン)コラムVol.12 ~ アニメ~

皆様こんにちわ。

シクラメンのトラックメイカー電球です。

今回は大好きなアニメについてお話しさせて頂きます!

3月に入り今クールのアニメもクライマックスに向けいよいよ佳境といったところでしょうか。

僕は今期ひとつも見れておりませんが、、、w

アニメや漫画の2次元世界がマイノリティな趣味とされ、陰気じみた印象を持たれる風潮にあるこのご時世。

だからこそ!

好きなものは好きと、

これのここが好きなんだと、声を大にして言う事が

作者や作品へのリスペクトになるんだと僕は思っております。

ということで陰気じみた前置きはここら辺にしてw

今回は映画や長編アニメを除いた作品にフォーカスしながら「オススメ作品」として何作か触れていきたいと思います。

ひとつ目の作品!

「キルラキル」!

このアニメはとにかく超カッコイイ!!

主人公が女性で超カッコイイことがすごいと思うのです。

(的を射てると思うのですが伝わりますでしょうかw)

大筋はスタンダードな学園バトルものなのですが、

闘いの演出、文字フォント、ワードセンス、曲。

どれをとっても尖ってます。

パッションがほとばしってます。

昭和の劇画の漢らしい無骨さを現代の感性で昇華させたような、素晴らしいアニメ。

特にラストバトルからのテーマ曲挿入は今これを書いているだけで鳥肌なのですw

騙されたと思ってぜひ一話だけでも観てみて下さい!!

さらに藍井エイルさんの「シリウス」という主題歌も、

作品との親和性がバツグンで最高です。

2つ目!

「ぼのぼの」!

ラッコとリスのキャラだけは知ってるという方も多いのではないでしょうか。

僕はいがらしみきお先生の原作漫画の大ファンなのですが、

これは原作からアニメにシフトしても違和感なく見られる数少ない作品のひとつだと思います。

原作どおりの動物のキュートさと達観した哲学感か織りなすシュールな空気、、、

たまりませんw

加えてアニメでは何といっても効果音が至極なのです!!

漫画でもメインギミックになっている汗が飛び出す音、これがなんとも見事な塩梅!

無理やり文字におこすと

「プーイピュピュピュピュ~ィ」

なのですが、、、

これはぜひご自身で観て確かめて下さいw

ぼのぼのちゃんの声も、シマリスくんの声も、声優さんのお仕事完璧です。

そして第1期ED曲の「近道したい」は超名曲!

歌詞もメロディーも本当に素晴らしいです。

そして3つ目!

「惡の華」!!

この作品は賛否が分かれると言うか、

嫌悪感を抱く人も少なくないのではと思います。

人間の心の奥底にある汚い部分、

そこに眠っている(かもしれない)おぞましい感情、

そんなものを中高生の日常に投影させてアイデンティティの何たるかを表現している作品です。

(この作品も素晴らしい原作漫画があります)

ではアニメ作品の範疇においてその何が特筆されるのか。

僕にとってそれは、「ロトスコープ」という映像技法を使っている点でした。

これは実写映像をトレース(写真を写し絵するようなやり方)してアニメーションを作る技術で、

スターウォーズのライトセイバーなんかにも用いられている表現方法です。

これによって生々しいのにどこか不自然な雰囲気が作られ、作品または人の不安定さを見事にそして不気味に体現させています。

アフレコのマイクも、ガンマイクと言う集音範囲の非常に広いものを使用していて、リアリティさがある意味必要以上に追求されています。

その不気味な空気感が、僕がこのコラムの第4弾で書いた「感じる余白」を生み出しています。

説明が長くなってしまいましたが、、、

不気味さを生み出すためにロトスコープという技術を採用したセンス、未だ観たことのない体験をさせてくれたという点が

僕がこのアニメをリスペクトする理由の大きな部分です。

語弊を恐れず言うならば、

目の大きな美少女でツンデレしておけばある程度計算できる評価を敢えて(かどうかは分かりませんがw)捨て、

表現したいものを表現したいように表現する、これがとてもカッコイイなと思うのです。

媚びることなく感性を爆発させたものこそ芸術と呼ぶに相応しいと思いたい、そんな思いに応えてくれる作品でした。

ただアニメの全てが芸術作品であるべきとは思わない旨も追記させて下さい。

(楽曲制作においても爆発させるか、マスに訴えるかのジレンマが生まれる時もありますからねw)

そしてED曲の「花 -a last flower-」は名作です。

現代音楽というか、前衛音楽というか、

脳の中を駆け巡る音と言葉がそのまま半開きの口から漏れてきたような、ある意味原形をとどめない楽曲です。

ぜひエンドロールと一緒に体験して欲しいです。

ということで徒然と好きな作品の一部を紹介させて頂きました。

それぞれ違う観点ではありますが、共通項は作品作者へのリスペクト!

僕の作品評価の根底はこれです。

当たり前ですがこれはあくまで僕の主観なので、

機会があれば皆さんの好きな作品、あるいは上記の感想を教えて頂ければ嬉しいです!

それではまたここでお会いしましょう。

アニメは最高でぃす!!

 

~ シクラメン最新情報 ~

【NewAlbum リリース情報】

ユニバーサル ミュージック移籍第1弾!!

聴けば聴くほど味が出る“スルメサウンド”をテーマに

ストレートな歌詞と心のど真ん中に届くメロディーを歌う

東京・蒲田出身の4人組ポップ・グループ

シクラメンのユニバーサル ミュージック移籍第1弾アルバム!!

現在放映中のエステー“ドライペット”のテレビCMに

カッパに扮して出演し、人気沸騰中の彼らが

結成10周年を記念して、レコード会社を移籍して完成させた

渾身のニュー・アルバム!!

最新リード曲「ADVENTURE」

名曲「メロディー」他、全12曲!!

エステー“ドライペット”のテレビCMでおなじみのCMソングの

全長版ともいうべきシクラメン流のニッポン賛歌

「あっぱれニッポン!!」も収録!

SHIKURAMEN / シクラメン

 

SHIKURAMEN [初回限定盤]

品番:    UICZ-9101 (CDDVD 2枚組)

価格:    税込 \4,000   税抜 \3,704

レーベル:   USM

 

SHIKURAMEN [通常盤]

品番:    UICZ-4415

価格:    税込 \3,000   税抜 \2,778

レーベル:   USM

発売日: 20171129日(水)

【ライブ情報】

シクラツアー2018 ADVENTURE TOUR

 〜三十路が夢見て何が悪い〜

3月4日(日)  さいたま新都心Heaven’s Rock OPEN16:30/START17:00

3月10日(土) LiveHouse浜松窓枠     OPEN16:30/START17:00

3月16日(金) 仙台darwin                 OPEN18:30/START19:00

3月18日(日) DUCE SAPPORO        OPEN15:30/START16:00

3月20日(火)金沢AZ                        OPEN18:30/START19:00

3月21日(水祝)名古屋クラブクアトロ OPEN16:30/START17:00

3月29日(木)東京キネマ倶楽部         OPEN18:00/START19:00

シクラツアー2018 After Party

〜春になったから会いましょう。約束の電球ナイト(照明担当 桃紅茶)〜

3月30日(金)代官山SPACE ODD

FILTER88 presents
REVERSIBLE vol.2
「SHIKURAMEN」

04月28日(土)梅田BananaHall

 

シクラメン プロフィール

東京都大田区蒲田で結成された3MC(DEppa./ 肉団子 / 桃紅茶)+1トラックメイカー(電球)の ポップグループ。 聴けば聴くほど味が出る「スルメサウンド」をテーマに、 ストレートな歌詞と心のど真ん中に届くメロディーを歌う。 笑いあり涙ありのライブは老若男女問わず、 あたたかい一体感を生み出している。 

関連記事

  1. 肉だんご(シクラメン)コラムVol.6 ~ 僕の宝物~
  2. 草ケ谷遥海 Diamond 〜遥かなる海より〜 vol.3
  3. YANAKIKU ”柳菊見聞録” 第一巻 始動!
  4. DEppa(シクラメン)コラムVol.13 ~ キッカケ~
  5. DEppa(シクラメン)コラムVol.1〜音楽と出会えて本当に良…
  6. 電球(シクラメン)コラムVol.4 ~ 感じる余白 ~
  7. 桃紅茶(シクラメン)コラムVol.11 ~運命のスポーツ~
  8. 肉だんご(シクラメン)コラムVol.10 ~ ご当地ご飯~

Twitter でフォロー

MUSIC

PAGE TOP